歌詞

66号線/BUMP OF CHICKEN







聞かなきゃいけない話が 全く頭に入らないのは
愛されたくて 必死だから

申し訳ない事だけど どうする事も出来ません
あなたが聞けという横で 僕はこれを書いてる

66号線の途中 蓋を開けちゃって ごめんね
ああ だけどおかげで やっと見付けた

僕の知らない記憶に襲われて 泣いちゃった大切な人
近くにいられて 嬉しかった

肩に溢してくれた 涙で出来た 音符を繋いで 盾を作ろう

声を無くしたら僕じゃなくなる それでも好きだと言ってくれますか
ただ一言だけ褒めてください それだけで全てを信じる

こいつにはなんにも敵わないなって 笑いながらさ
実は結構 傷付くんだぜ

勝負なんかしたくない 本当に嫌われるの恐い
あなたが笑うのなら なんだって歌う

いつか教えてくれた 言葉で出来た 音符を鍛えて 剣にしたよ
僕を無くしてもあなたでいられる それでも離れずいてくれますか
ただその掌で撫でてください それだけで心を守れる

ワクワクだとかドキドキだとか あなたとしか分けられない様に
出会う前から育った 会いたかった

僕にだってきっとあなたを救える 今でも好きだと言ってくれますか
あなたを無くしても僕は生きていく それでも信じていてくれますか

ただこの事だけ疑わないでね それだけで声が出せたんだ
立てたんだ 歌えたんだ

聞かなきゃいけない話が 全く頭に入らないのは
役立ちたくて 必死だから

僕が見付けるまで生きてくれて 見付けてくれて ありがとう
あなたが選んだ世界に こんな唄が出来たよ






最近はまってる





66という数字はBUMPのマネージャーさんの好きな数字らしいです






スポンサーサイト

嵐/Love Situation





友達が嵐・・・etcうるさいので







ウチの一番好きな嵐の曲







のせるぅぅーーーーーー






突然 君からの誘いで 履いていく靴に迷ってる
おろしたての気持ちを抱いて 滑り込む電車
窓の景色はトキメイテル 君の笑顔が浮かんで来る
あり得ない幸せのチケット 握しりめたまま
出来過ぎた Love Situation

いつか誰だって 願い叶うって
真ぐる季節を繰り返し
夕陽眩しくて 街に広がって
そして君に会える La La La
僕の鼓動が 胸を突き抜け
風に乗って降り注ぐよ
今は何にだって どこの誰にだって
シアワセ分けてあげたい

目の前に見る君の瞳 真っ白になる頭の中
持ち合わせたちっぽけなプラン 使いようもない
笑えない Love Situation

いつも誰だって 夢中なんだって
めぐる愛しさ前にして
星の煌めきも 敵うばずない
君の輝きには La La La

僕の鼓動が 胸に突き抜け
君の上に降り注ぐよ
そっと優しさを ずっと温もりを
シアワセすべてあげたい

いい出せなくても構わないなんで
恋するチカラに敵わないんじゃない
その眼(め)を心に向ければ
そうそれが 二人の近道だから
素直な自分を曝け出し
愛する事を諦めない
始まっていく その夢に
少しずつ チカヅキタイ

いつか誰だって 願い叶うって
真ぐる季節を繰り返し
夕陽眩しくて 街に広がって
そして君に会える La La La
僕の鼓動が 胸を突き抜け
風に乗って降り注ぐよ
今は何にだって どこの誰にだって
シアワセ分けてあげたい





最近聞いてまたハマったの






可愛いよね






そんだけ





ばいばい


フタリヒトツ/Rake





これPVがめっちゃカワイイ




本田望結ちゃん出てるし






たまにはBUMP以外も・・・ね










抱きしめたい もっと強く そっと ぎゅっと
もう離さない 君と歩く未来へと

少しのズレが気になり出したのは
心が重なり始めたから
ケンカをしてたってやっぱ君に会いたい
不思議なもんだね

二人の日々が重なり合って
一つの未来へと続いて行く

抱きしめたい 二人星になるまで ずっと
もう離さない 君と歩くこの瞬間いまを

ありがとう 君が隣にいるから
雨降り負けずに 頑張れる僕がいる
たまには君のヒーローになりたくて
街駆け回ってとびきりのプレゼント探す

二人で一つ描く明日
僕らだけの誓い ずっといつまでも

手と手握り締めて 君とならどこまでもいける
目と目合わせ 時を止めて 僕ら愛を確かめよう

見つめてたい 一番近くで君を
笑顔も涙も ずっと二人は一緒さ

抱きしめたい もっと強く そっと ぎゅっと
もう離さない 君と歩く未来へと

抱きしめたい
抱きしめたい

二人星になる日まで

スノースマイル




リア充ちゃんが増えてきたので、






リア充ちゃんにぜひ聞いて欲しい





BUMPでは珍しいラブソングだす





歌詞見ながら聞きなっ









冬が寒くって 本当に良かった
君の冷えた左手を
僕の右ポケットに お招きする為の
この上ない程の 理由になるから


「雪が降ればいい」と 口を尖らせた
思い通りにはいかないさ
落ち葉を蹴飛ばすなよ 今にまた転ぶぞ
何で怒ってるのに 楽しそうなの?


まだキレイなままの 雪の絨毯に
二人で刻む 足跡の平行線
こんな夢物語 叶わなくたって
笑顔はこぼれてくる
雪の無い道に


二人で歩くには 少しコツがいる
君の歩幅は狭い
出来るだけ時間をかけて 景色を見ておくよ
振り返る君の居る景色を


まだ乾いたままの 空のカーテンに
二人で鳴らす 足音のオーケストラ
ほら夢物語 叶う前だって
笑顔は君がくれる
そんなの わかってる


まだキレイなままの 雪の絨毯に
二人で刻む 足跡の平行線
そうさ夢物語 願わなくたって
笑顔は教えてくれた
僕の行く道を


君と出会えて 本当に良かった
同じ季節が巡る
僕の右ポケットに しまってた思い出は
やっぱりしまって歩くよ


君の居ない道を






ヤベェ




高まるぅ~~~~~













宇宙飛行士への手紙













踵が2つ 煉瓦の道 雨と晴れの隙間で歌った
匂いもカラーで思い出せる 今が未来だった頃の事

蜘蛛の巣みたいな稲妻が 空を粉々に砕いて消えた
ジャンル分けできないドキドキ 幼い足 ただ走らせた

どうやったって無理なんだ 知らない記憶を知る事は
言葉で伝えても 伝わったのは言葉だけ

出来るだけ離れないで いたいと願うのは
出会う前の君に 僕は絶対出会えないから
今もいつか過去になって 取り戻せなくなるから
それが未来の 今のうちに ちゃんと取り戻しておきたいから


ひっくり返した砂時計 同じ砂が刻む違う2分
全てはかけがえのないもの そんなの誰だって知っている

トリケラトプスに触りたい ふたご座でのんびり地球が見たい
貰った時間で出来るかな 長いのかな 短いのかな

どこにだって一緒に行こう お揃いの記憶を集めよう
何回だって話をしよう 忘れないように教え合おう

死ぬまでなんて 嘘みたいな事を本気で思うのは
生きている君に 僕はこうして出会えたんだから
そしていつか星になって また一人になるから
笑い合った 今は きっと 後ろから照らしてくれるから


出来るだけ離れないで いたいと願うのは
出会う前の傷を 僕にそっと見せてくれたから
死ぬまでなんて嘘みたいな事を 本気で思うのは
生きようとして 生き抜いた 稲妻を一緒に見られたから

ラララ

そしていつか星になって また一人になるから
笑い合った 過去がずっと 未来まで守ってくれるから


踵が4つ 煉瓦の道 明日と昨日の隙間で歌った
全てはかけがえのないもの 言葉でしか知らなかった事




イーヨ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。