スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

66号線/BUMP OF CHICKEN







聞かなきゃいけない話が 全く頭に入らないのは
愛されたくて 必死だから

申し訳ない事だけど どうする事も出来ません
あなたが聞けという横で 僕はこれを書いてる

66号線の途中 蓋を開けちゃって ごめんね
ああ だけどおかげで やっと見付けた

僕の知らない記憶に襲われて 泣いちゃった大切な人
近くにいられて 嬉しかった

肩に溢してくれた 涙で出来た 音符を繋いで 盾を作ろう

声を無くしたら僕じゃなくなる それでも好きだと言ってくれますか
ただ一言だけ褒めてください それだけで全てを信じる

こいつにはなんにも敵わないなって 笑いながらさ
実は結構 傷付くんだぜ

勝負なんかしたくない 本当に嫌われるの恐い
あなたが笑うのなら なんだって歌う

いつか教えてくれた 言葉で出来た 音符を鍛えて 剣にしたよ
僕を無くしてもあなたでいられる それでも離れずいてくれますか
ただその掌で撫でてください それだけで心を守れる

ワクワクだとかドキドキだとか あなたとしか分けられない様に
出会う前から育った 会いたかった

僕にだってきっとあなたを救える 今でも好きだと言ってくれますか
あなたを無くしても僕は生きていく それでも信じていてくれますか

ただこの事だけ疑わないでね それだけで声が出せたんだ
立てたんだ 歌えたんだ

聞かなきゃいけない話が 全く頭に入らないのは
役立ちたくて 必死だから

僕が見付けるまで生きてくれて 見付けてくれて ありがとう
あなたが選んだ世界に こんな唄が出来たよ






最近はまってる





66という数字はBUMPのマネージャーさんの好きな数字らしいです






関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。